オートウェーブが一段高、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消

ジャスダック上場のオートウェーブ<2666>が一段高、一時、前日比18円高の76円まで買われた。10日発表の2013年3月期第1四半期決算において、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消したことが好感されている。2007年3月期及び2008年3月期において、2期連続の経常損失及び当期純損失を計上し、営業キャッシュ・フローについても2期連続してマイナスになったことから、2008年3月期 決算短信より「継続企業の前提に関する注記」を記載していた。その後、1店舗ごとの利益創出構造を確立させ、タイヤ・車検・車販売・カーケアなどのメンテナンスを中心とした強化・拡大部門にリソースを集中し、経費の見直し・削減を行なっていた。

オートウェーブの株価は9時15分現在73円(△15円)。