カイオムが4日続伸、東大大学院高橋研との共同研究契約延長

東証マザーズ上場のカイオム・バイオサイエンス<4583>が4日続伸、一時、1000円台を奪回した。同社と国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科の高橋伸一郎研究室は、高橋研の保有する糖代謝制御に関わる複数回膜貫通タンパク質に対してADLib (自律多様化ライブラリー)システムによる抗体作製研究を共同で実施してきたがたが、研究契約を延長して糖尿病、がんに対する治療効果が期待できる抗体の作製とスクリーニングを継続することになったことを本日、発表した。ADLibシステムは、遺伝子変換という相同組換えの一種によって高度に多様化された抗体提示トリ細胞ライブラリーを構築することによって、試験管内で迅速にモノクローナル抗体を作製することを可能にした画期的な技術。

カイオム・バイオサイエンスの株価は13時27分現在990円(△10円)。