東エレクが小安い、米半導体洗浄装置会社の買収発表も反応限定的

東京エレクトロン<8035>が小安い。13日に米の半導体洗浄装置会社のFSIインターナショナルを買収すると発表したが、これを手掛かりにした買いは限定的のようだ。同社の米子会社がTOB(株式公開買い付け)を実施し、2012年末までに全額出資の子会社とする。買収額は2億5250万ドル(約196億円)。同社は半導体製造装置事業で洗浄装置分野の強化に注力しており、これにより現在約16%程度とみられる世界シェアの拡大を目指す。同社は今年に入りスイスの太陽電池製造装置のエリコンソーラーを、半導体製造装置の米ネックス・システムズを矢継ぎ早に買収しており、今回の買収も合わせて収益の拡大につなげる方針にある。

東エレクの株価は9時15分現在3905円(▼5円)。