ショーボンドが年初来高値、いちよし経研が投資判断を「A」に引き上げ

ショーボンドホールディングス<1414>が大幅高。一時、前日比82円高の2420円まで買われ、7月23日に付けた年初来高値2378円を更新してきた。いちよし経済研究所が13日付のリポートで投資判断を「B(中立)」から「A(買い)」へ、目標株価株も2200円から3000円へとそれぞれ引き上げたことが好感されている。リポートでは「インフラの老朽化対策の必要性はこれまでも指摘されてきたが、東日本大震災を機にインフラ再整備のニーズが一段と高まっている。全国防災対策費の予算化など、道路および橋梁の補修、予防保全工事に係る公共工事予算の中期的な増加が見込まれ、同社への追い風が期待される」としている。

ショーボンドの株価は11時10分現在2411円(△73円)。