JUKIが大幅続伸、東南アジアの需要拡大期待で低位株人気が波及

JUKI<6440>が大幅に続伸。株価は一時123円は前日比11円高まで買われている。欧米、日本のアパレルメーカーの縫製工場が東南アジア進出に拍車がかかっており、主力の工業用ミシンの需要拡大が見込まれていることから、これを手掛かりにして低位株人気が波及したようだ。12年1〜6月期(上期)の営業損益は中国向けの落ち込みが響き、6億6300万円の赤字だったが、下期にはベトナム、バングラデシュなど東南アジア向けの需要取り込みと新製品の積極投入で、今12月通期の営業利益は26億円(前期は決算期変更の9カ月で8億1500万円)を見込んでいる。

JUKIの株価は12時33分現在121円(△9円)。