シャープは売り先行、ドイツ証は「Sell」に格下げ、目標株価110円に

シャープ<6753>が売り先行。一時、前日比11円安の182円まで売り込まれている。ドイツ証券は14日付のリポートで、シャープの投資判断を3段階中2位の「Hold(中立)」から最下位の「Sell(売り)」に、目標株価を従来の365円から110円へとそれぞれ引き下げた。リポートでは、資金繰りと事業計画の立て直しが急務であることから評価を見直したとしている。このほか、ゴールドマン・サックス証券も14日付で、投資判断「中立」のままで、シャープの目標株価を従来の260円から190円に引き下げている。

シャープの株価は9時37分現在185円(▼6円)。