メディネット続伸、中国企業の買収を発表

東証マザーズ上場のメディネット<2370>が続伸。一時、前日比670円高い9800円まで買われている。同社は、きょう前場引け後に中国の北京邦万医療技術有限公司(北京市)を買収し完全子会社化にすることを発表した。同社によると、中国では、毎年280万人のがん患者が新たに増えており、政府はがんの体系的な予防や新たな治療法の確立を目指して、中国国家がんセンターの開設を計画するなど、国を挙げてがん治療への積極的な取り組みを行なっているという。このような状況のもと、同社はグローバル展開における最初の拠点として、市場規模や再生・細胞医療に関する一般的な理解度や将来性といった観点から、中国が最も適切であると判断したという。

15日の株価は13時8分現在9600円(△470円)。