ネクソンが軟調、韓・中での競争激化を懸念

ネクソン<3659>が引き続き軟調。ゴールドマンサックス証券は10日に投資判断を「買い」から「中立」、目標株価を1900円から1500円に引き下げた後に急落、その後も戻りの鈍い動きとなっている。Electronic Arts 社と提携して展開予定の「FIFA Online 3」への期待もあるが、韓国と中国のオンラインゲーム市場は米国企業の参入の加速で競争が激化する可能性があり、中長期的な不安感がある。

ネクソンの株価は14時42分現在1131円(▼2円)。