戸田工が続伸、電池材料の将来性を見直す

戸田工業<4100>が続伸。株価は一時338円は前日比23円高まで買われている。電気自動車向けリチウムイオン電池正極材の需要立ち遅れが要因で、今3月期業績を下方修正したが、その将来性は不変とみられ見直し買いが入っているようだ。正極材はスマートフォン向けにも供給を開始しており、同社では15年3月期の関連売上高が前期比倍以上となる200億円程度を計画しており、収益拡大の牽引役に据えている。

戸田工の株価は13時4分現在334円(△18円)。