新華HD大幅高で7日続伸、米で元取締役による投資家詐欺の疑い棄却

東証マザーズに上場している新華ホールディングス・リミテッド<9399>が大幅高で7日続伸。一時、前日比44円高の460円まで買われている。8月8日につけた年初来安値370円を底に急速に株価を戻している。同社はきょう午前11時に「米国における同社元取締役に対する起訴に関する状況」を発表。同社発表によると、米国ワシントン州連邦地裁は、米国政府による同社の元代表取締役及び2名の元取締役に対する総額5000万米ドルの投資家詐欺の疑いによる起訴内容の大部分を、当該3名による虚偽の陳述は見当たらないとして棄却。同地裁は、起訴内容のうち当該3名による一連の取引に関する米国証券取引委員会への報告漏れについては、棄却せずに公判審理に入ることとしている。

松井証の株価は14時13分現在450円(△34円)。