アンジェスが反発、コラテジェンが血管疾患分野の著名専門誌で掲載

東証マザーズ上場のアンジェスMG<4563>が反発。17日引け後に同社の主要開発プロジェクトである大阪大学医学部附属病院で実施されたHGF遺伝子治療臨床研究の長期成績が、血管疾患分野の著名専門誌である「Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology(オンライン版)」に掲載されたことが好感されている。この臨床研究は 「コラテジェン」が初めてヒトへ投与された試験で、血行再建術の適応が無く、かつ既存の内科的治療が無効な閉塞性動脈硬化症あるいはバージャー病患者22例を対象に、コラテジェンが下肢の虚血部位に4週間の間隔をあけて2回筋肉内投与され安全性・有効性が報告されている。

アンジェスMGの株価は11時0分現在5万5700円(△1000円)。