ホウスイが急伸、魚粉価格高騰報道を材料視

ホウスイが急伸。一時、前週末比27円高の124円まで買い進まれている。18日付の日本経済新聞が、マダイなど養殖魚の餌になる魚粉の価格が高騰していると報じたことが材料視されている。報道によると、主産地のペルーが資源保護で漁獲枠を減らしているため、マダイなど養殖魚の漁獲高が減少しているという。ペルー沖ではエルニーニョ現象も発生しており、さらに漁獲量が減ると懸念されていると伝えている。魚粉価格が高騰が材料視されている。関連銘柄の東都水産<8038>も買われている。

ホウスイの株価は10時44分現在112円(△15円)。