シャープ3日ぶり反落、先週末の上昇に対して早くも利益確定売り

シャープ<6753>が3日ぶり反落。一時、前週末比9円安の175円まで売られている。前週末に一部で「台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が出資比率を当初計画の9.9%から20%程度に引き上げるよう求めている」などと報じられ。17日の後場に値を戻したものの、早くも利益確定の売りが先行している。主要金融機関は新たな提携策を踏まえて、9月中にも本格的な金融支援策を決める方針だが、依然として不透明感が強いことが嫌気されているようだ。

シャープの株価は11時13分現在177円(▼7円)。