カーボン続落、大和証が投資判断を「中立」に引き下げ

日本カーボン<5302>が続落。一時、前日比6円安の166円まで売られている。大和証券が21日付のリポートで、同社の投資判断を「2(アウトパフォーム=強気)」から「3(中立)」へと引き下げたことが嫌気されている。目標株価は190円としている。リポートでは、人造黒鉛電極の値上げ寄与が同証券想定を下回り、ソーラー向け黒鉛製品の在庫調整は今期いっぱい続く見通しとして、収益回復が13年12月期以降になるとしている。

カーボンの株価は9時50分現在167円(▼5円)