京セラが軟調 「米貿易委が特許侵害で調査」との報道

京セラ<6971>が軟調推移。一時、前日比130円安の6770円まで売られている。複数の報道で「米国際貿易委員会(ITC)はスマートフォンなどに使うワイヤレス装置を巡る特許を侵害したとして、京セラ<6971>や任天堂<7974>など計24社を対象に調査を始める」と報じられたことが嫌気されている。米社の提訴によるもので、特許侵害との判断が下された場合、販売差し止めなどのリスクが想定され、先行きを懸念した売りを誘った。任天堂も小幅安の推移となっている。

京セラの株価は10時59分現在6770b円(▼130円)