アスクルが続伸、内需好業績株として見直し続く

アスクル<2678>が続伸。ここ株価は戻り基調を鮮明にしている。オフィス用品通販で業界トップに位置するが、業績は前12年5月期の23%経常増益に続き、今13年5月期も二ケタ増益が見込まれており、内需の好業績株として見直し買いが継続。ヤフーが資本参加し、同社の株式を43%弱保有する筆頭株主となったことでインターネット販売における展開力が急速に増している点も強みだ。ヤフーとの提携を背景に17年5月期に日用品販売事業で3000億円(今期予想比7.5倍)の売上高を目指す中期計画を打ち出している。また、工具や建設資材のネット通販でもPB商品を投入するなどで販売強化する動きをみせている。

アスクルの株価は12時35分現在1054円(△36円)。