三菱マは軟調、岡三証が投資判断を「中立」に引き下げ

三菱マテリアル<5711>は軟調。一時、前日比4円安の234円まで売られている。岡三証券が22日付のリポートで、投資判断を従来の「強気」から「中立」に引き下げたことが嫌気されている。ただ、目標株価は240円から250円へと引き上げている。リポートでは「銅価格の下落を考慮し13年3月期連結経常利益予想を750億円から690億円へと減額する。ただし、セメント、加工の堅調な需要が下支えし、堅調な業績を維持する見通しである点には変化はない」としている。

三菱マの株価は13時30分現在237円(▼1円)