ANAが軟調、羽田空港の国内線発着枠で論争

全日本空輸<9202>が軟調。2013年3月末に拡大が予定されている羽田空港の国内線発着枠をめぐる問題で22日、国土交通省の検討小委員会が行ったヒアリングで、「経営破綻した事業には資格がない」として、日本航空を今回の配分から外すよう同社は求めたことが報じられた。羽田空港はドル箱路線だけに、発着枠の確保は今後の収益を大きく左右されることになる。9月19日には日本航空の再上場が予定されていることから両社間での競争激化の動向が注視されよう。

全日本空輸の株価は14時41分現在177円(▼1円)。