ウエストHDが4日ぶりに反発、メガソラー事業の拡大報道を好感

ジャスダック上場のウエストホールディングス<1407>が買い気配で始まり4日ぶりに反発。24日付の日本経済新聞が「オリックスや太陽光パネル施工のウエストホールディングスなどが全国250カ所、総出力50万キロワットの国内最大規模のメガソーラー事業に乗り出す」と報道したことを好感した買いが先行している。推進母体となる新会社「日本メガソーラー発電」を資本金1億円で設立、まずウエストHDが自社で建設中のメガソーラーを新会社に移管して年内に10カ所以上稼働させるとしており、同社のメガソラー事業の拡大につながるとの期待から買いが入っている。

ウエストHDの株価は9時17分現在1512円(△34円)。