大証が続落、TOB成立、超過分返還による需給悪化も

ジャスダック上場の大阪証券取引<8697>が続落。前日に、東京証券取引所グループが同社に対して実施していたTOBが成立したと発表しており、買い材料一巡感から売りが先行している。また、TOBへの応募株数は21万5057株(議決権の79.6%)となり、買い付け上限の17万9999株(同66.67%)を上回ったことで、超過分の返還による需給悪化も要因となっているようだ。

大証の株価は9時41分現在40万円(▼3万7500円)。