オリンパスが反発、子会社売却を好感

オリンパス<7733>が反発。同社は24日、携帯電話販売事業など情報通信事業の子会社であるITXを、投資ファンドの日本産業パートナーズに9月28日付で530億円で売却すると発表した。内視鏡やデジカメなど中核事業以外からの撤退の一環であり、これにより100億円強の特別利益が計上できるもようで、自己資本比率の改善につながることを市場では好意的に受け止めている。売却に先立ち、ITXの主力である携帯販売事業などを承継するための新会社である新ITXを設立。旧ITXには一部の有価証券などの資産が残るのみにし、新ITXの発行済株式すべてを日本産業パートナーズに譲渡する方針。

オリンパスの株価は9時5分現在1556円(△60円)。