三菱商が冴えない、SMBC日興が投資判断引き下げ

三菱商事<8058>が冴えない。SMBC日興証券が投資判断を「1」から「2」とし、目標株価を2060円から1690円に引き下げたことが観測されている。豪州石炭事業の予想以上の悪化から、業績下振れを見込んでいるが、一方で株価が上昇する材料に乏しく、上昇しても上値は限定的とみているようだ。

三菱商の株価は13時39分現在1501円(▼14円)。