大阪チタが6日続落、今3月期連結業績の下方修正を売る

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>が6日続落し大幅安。27日引け後に今3月期連結業績の下方修正を発表。連結経常利益が従来予想の55億円から前期比38.2%減の37億円に減額したことから売りを集めている。主力のチタン事業でプラントなどの一般産業用展伸材需要が大きく後退して、国内向けのスポンジチタンの販売量が当初想定から減少することや輸出向けでもスクラップ市況の値下がりで需給調整が見込まれること、また、ポリシリコン事業でも半導体需要の回復が遅れていることが要因だ。