JTが小幅続伸、米社の新薬承認が株価刺激

JT<2914>が小幅続伸。本日、寄り前に同社の抗HIV薬「JKT−303」の(日本以外の)世界での独占的開発権・商業化権を提供している米国法人のギリアド・サイエンシズが、同薬を含む配合錠で米国食品医薬品局の承認を取得したと発表したことが株価を刺激している。ここ、豪州をはじめとするたばこ箱に関する規制やネガティブな投資判断などを背景に調整色を強めていたが、前日、米ワシントンの連邦高裁で「たばこ箱の表示に喫煙に伴う危険性を示す写真などを表示するよう義務付けるのは違憲だ」との判決が出たことなどと合わせ、直近は下げ止まる動きをみせている。

JTの株価は12時40分現在2333円(△5円)。