シャープが6日続伸、台湾・鴻海との協議進展に期待

シャープ<6753>が6日続伸で東証1部の売買代金トップ。前日に台湾・鴻海精密工業の郭台銘会長が来日したことで、出資に関する協議の進展を見込んだ買いが入っているもよう。一部では郭台銘会長は出資条件見直し交渉について、今週中の合意を希望しているとの見解を示したとも伝わっており、鴻海の出資や銀行からの金融支援の合意が近いとの見方が強まり、売り方の手仕舞いからの買い戻しも進んでいるようだ。

シャープの株価は13時26分現在207円(△10円)。