不二越が後場一段安、米国でのベアリング取引に関する訴訟提起を懸念

不二越が後場一段安。前場引け後に、同社および米国子会社のナチアメリカ(NA)社が、米・ミシガン州東部地区連邦地方裁判所において、訴訟を提起されたと発表したことを嫌気。原告のマクガイヤ・ベアリング社(米・オレゴン州)は、不二越およびナチアメリカが共謀して、米国においてベアリングの取引に関する競争を制限したなどとして、集団訴訟を提起。被告らに対して損害賠償や対象行為の差し止めなどを請求している。なお、不二越では、訴状の内容を精査したうえで、適切に対処していくとしているが、本件訴訟の結果として、経営成績などに影響を及ぼす可能性があるともしている。

不二越の株価は13時43分現在242円(▼8円)。