エプソンが反落、GSが投資判断を引き下げ

セイコーエプソン<6724>が反落。ゴールドマン・サックス証券が24日付けで精密機器セクターのリポートを発行し、同社の投資判断を「中立」から「売り」とし、目標株価を610円から500円に引き下げたことが観測されている。インクジェットプリンター事業の成長鈍化などを要因に、業績は短期、中期ともに市場のコンセンサスを下回ると予想している。

エプソンの株価は14時01分現在550円(▼9円)。