コスモ石が反発、坂出製油所の閉鎖発表でコスト削減に期待

コスモ石油<5007>が反発。前日に供給体制の再構築のため、坂出製油所(香川県坂出市)を来年7月に閉鎖すると発表したことを材料視。国内需要の減少を受けて製油所の集約による供給体制の再構築が必須であるとの方針から閉鎖するもので、坂出製油所の閉鎖により全体の約22%にあたる日量14万バレルの精製能力を削減することになる。
同社では坂出のほか、千葉(千葉県市原市)、四日市(三重県四日市市)、堺(堺市)の計4製油所で日量63万5000バレルの精製能力があるが、停止中の千葉製油所が稼働した場合、設備の平均稼働率は70%台後半に過ぎない。坂出製油所の閉鎖により、これを90%超に引き上げることで、コスト削減効果は年間約100億円を見込んでいる。

コスモ石の株価は9時32分現在157円(△3円)。