古河スカイが買われる、住軽金との経営統合発表を好感

古河スカイ<5741>が買われる。両社は29日に13年10月1日に古河スカイを存続会社とする経営統合で合意したと発表、これを好感した買いを集めている。古河スカイが新株を発行して住軽金1株に対して古河スカイ0.346株を割り当てる。両社の合併により製缶・自動車向けなどのアルミニウム圧延材で国内1、2位連合が誕生することになる。両社は経営資源や資産の融合により、相乗効果を追求して、国内アルミニウム圧延事業の強化を図ると同時に、グローバル化を加速させて、環境・エネルギーなど今後伸長が期待される新規成長・開発分野への対応、東南アジアなど新興国市場での需要拡大に対応していく方針で、国際競争力の向上や合理化による収益力の強化に期待する買いが入っている。なお住友軽金属工業<5738>は統合比率にサヤ寄せする動きで小安い。

古河スカイの株価は9時11分現在221円(△13円)。

住軽金の株価は9時11分現在75円(▼2円)。