NTNは軟調、野村証が目標株価を180円に引き下げ

NTN(6472)は軟調推移。一時、前日比3円安の165円まで売られている。野村証券が29日のリポートで、同社について投資判断を「ニュートラル(中立)」としながらも目標株価を従来の280円から180円へと引き下げたことを嫌気している。リポートでは、事業規模が日系大手ベアリングメーカーでは見劣りする中で、仏SNR社を連結対象とし、欧州売上比率(12年3月期構成比24%)が他社比で高めであること、米国(同2%)ではベアリングの製造前工程の会社を立上げて内製化率向上に取組むなど、差別化や中期成長を模索する経営方針は着目できる。
13年3月期にはタイ、インドでも工場が稼働予定で、事業管理力の改善を見極めたい。野村では足元の生産混乱や事業ミックスが悪化する予想を織込み、利益予想を減額するとしている。

NTNの株価は11時07分現在167円(▼1円)