大チタが引き続き軟調、コスト削減支援報道も業績悪懸念継続

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>が反落、引き続き軟調な動き。経済産業省が航空機などに使用されるチタンの生産でコスト削減を支援することが報じられたが、27日には国内向けスポンジチタンの販売量が当初想定から減少することから今3月期の業績見通しを下方修正しており、業績悪への懸念が根強いようだ。

大阪チタニウムテクノロジーズの株価は14時25分現在1898円(▼90円)。