7月鉱工業生産は前月比1.2%減で市場予想下回る

経済産業省が31日午前8時50分に発表した7月鉱工業生産(速報)は、前月比1.2%マイナスの91.5(季節調整済指数、2005年=100)となった。市場予想平均は同1.7%プラスだったことから、市場予想を下回った。業種別では、電子部品・デバイス工業、一般機械工業、精密機械工業などが下落。生産予測は、8月を前月比0.6%のマイナスから同0.1%のプラスへ修正した。9月予想は同3.3%のマイナスとした。同省は、「横ばい傾向にある」との従来の判断を据え置いた。