新日鉄と住金がともに続落、減損損失計上で9月中間期最終利益予想を下方修正

新日本製鉄<5401>と住友金属工業<5405>がともに続落となっている。前日に両社ともに9月中間期見通しを連結純損益を新日鉄は従来予想850億円の赤字から1550億円の赤字に、住金は80億円の赤字から1280億円の赤字にそれぞれ下方修正したことを嫌気している。固定資産の減損損失を特別損失に計上するためとしている。
また、新日鉄派は有する約4億5000万株の住金株を9月25日までに住金に売却し、住金ではその自己株式を9月28日に消却すると発表している。

新日鉄の株価は9時29分現在155円(▼5円)。
住金の株価は9時29分現在113円(▼4円)。