東和薬品は堅調、JPモルガン証が目標株価を6400円に引き上げ

東和薬品<4553>が堅調。一時、前日比120円高の5090円まで買われている。JPモルガン証券が30日付リポートで、投資判断を「オーバーウエイト(強気)」を継続しながらも、目標株価を従来予想の5700円から6400円に引き上げたことが好感されている。
リポートでは「8月までの堅調な足元を踏まえ業績予想を変更した。売上については、アムロジピン、ランソプラゾール、アトルバスタチンなどが好調。4月会社計画大幅上ぶれ以降は会社計画プラスアルファ程度の推移であるが、上期会社業績は特段不安が無い。他社比で高薬価を維持し、適正価格販売を推進している薬剤の順調な売上は、薬価改定や減価償却費増によるマージンの悪化を一部オフセットするファクターとして機能していると考える」としている。同証券では13年3月期連結業績予想の売上高を従来の540億円から557億円(前期比14.3%増)へ、営業利益を85億円から97億円(同6.7%増)へとそれぞれ上方修正した。

東和薬品の株価は10時34分現在5050円(△80円)