住友化が続落、CSが投資判断を引き下げ

住友化学<4005>が続落。クレディ・スイス証券が投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」とし、目標株価を330円から230円に引き下げたことが観測されている。中国の石油化学製品需要の回復の遅れや円高の長期化などから、事業環境は予想以上に厳しく、短期的な株価回復は見込みにくいとしている。

住友化の株価は13時51分現在205円(▼4円)。