ソフトバンクが後場下げ渋る、三菱UFJMS証が目標株価を引き上げ

ソフトバンク<9984>が後場に入って一時、前日比10円安の3200円と大きく下げ渋っている。三菱UFJMSモルガン・スタンレー証券が30日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」を継続しながらも、目標株価を従来の2700円から3000円へと引き上げている。リポートでは「次期iPhoneに関連して想定以上に純増が拡大すれば、株価上昇のカタリストになるとみるが、現株価(8月29日終値)は概ね好業績が織り込まれた水準との印象」としている。

ソフトバンクの株価は13時56分現在3185円(▼25円)