丹青社が続伸、12年2〜7月期業績増額を評価

丹青社<9743>が続伸、寄り付きは14円高の249円まで買われたが、その後は伸び悩んでいる。同社は前週末31日に、今1月期の中間期業績(12年2〜7月期)が従来の大幅減益見通しから増額されて大幅増益になったと発表しており、これを好感する買いが優勢だ。営業利益ベースで5.8億円(前年同期比41.7%減)から12.6億円(同26.7%増)に上方修正されたもようで、これは子会社収益の改善や不採算案件圧縮の効果によるもの。ただ、前週末の会社側発表に先立ち株価を上昇させていたこともあり、寄り後は利益確定売りに上値も重くなっている。

丹青社の株価は12時41分現在241円(△6円)。