セブン&アイHDが9日ぶりに反発、SCの出店加速ほうどうが手掛かり

セブン&アイ・ホールディングス<3382>が9日ぶりに反発。株価は前場、前日比84円高の2459円まで買われている。3日付の日本経済新聞がショッピングセンター(SC)の出店を加速すると報道したことが買い手掛かりになっている。記事ではイトーヨーカ堂をキーテナントに外部の50以上の専門店で構成する「アリオ」を首都圏中心に2015年度までに現在の6割増の20店舗強に増加させるとしている。アリオ部門は同社の収益の柱に育っており、同事業の拡大で業績への好影響を期待した向きの買いが入っている。また、先週末まで8日連続安となっていたことから自律反発を狙った向きの買いも流入しているようだ。

7&アイHDの株価は12時46分現在2443円(△68円)。