JFEHDが4日ぶり反発、洋上風力や鉄鉱石価格の下落報道で

JFEHD<5411>が4日ぶりに反発。株価は前場、前日比36円高の1020円まで買われている。4日付の日本経済新聞が「日立造船や東芝などとともに洋上風力発電事業に参入する」、また同日付で「英豪の資源大手が豪州産鉄鉱石の10〜12月の輸出価格を約2年半ぶりの水準まで引き下げる」と報じたことを受けて、新規事業や原料安に伴う収益拡大への期待から買いが先行している。株価が8月20日の高値1127円から9月3日安値941円まで16.5%下落していたこともあり、上記材料を手掛かりに、自律反発を狙った向きの買いも流入しているようだ。

JFEHDの株価は12時35分現在1009円(△25円)。