商船三井が大幅安、ムーディーズが発行体格付を格下げ方向で見直し

商船三井<9104>が大幅安。一時、前日比8円安の187円まで売られている。米格付会社のムーディーズ・ジャパンが4日、商船三井<9104>の発行体格付け「Baa1」および、同社が保証を提供している子会社Euromolの格付け「Baa1」を格下げ方向で見直しの対象としたと発表した。ムーディーズでは、海運会社を取り巻く事業環境の厳しさの継続と景況感の弱含みにより収益とキャッシュフローの悪化が続いており、同社の財務レバレッジの改善には時間を要するとの懸念を反映したとしている。

商船三井の株価は9時32分現在188円(▼7円)