セブン&アイが反発、コンビニが四国に初出店

セブン&アイ・ホールディングス<3382>が反発。本日、セブン―イレブンジャパンが2013年春に空白地帯となっていた四国地方に出店することを発表した。2019年2月末までに四国4県で520店舗を展開する計画で青森、鳥取、沖縄を除く全都道府県で出店することになる。四国には「ローソン」や「ファミリーマート」が先行して進出しているが業界最大手である同社の進出で競争激化が予想される。 セブン&アイ・ホールディングスの株価は12時48分現在2326円(△29円)。