JXが続伸、チリ・アルゼンチンで銅・金の探鉱権益取得

JXホールディングス<5020>が続伸、400円台を奪回した。JX日鉱日石金属が三井金属鉱業との共同出資による銅事業会社パンパシフィック・カッパー(株)を通じて、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構からチリ共和国およびアルゼンチン共和国にまたがるフロンテラ地域における銅・金資源の探鉱権益を譲り受けたことを発表した。フロンテラ地域は、有望な銅鉱床が多く存在するチリとアルゼンチンの国境地帯にあり、同社が開発を行うチリ共和国カセロネス銅・モリブデン鉱床に隣接している。 JXホールディングスの株価は13時9分現在407円(△10円)。