OKIが大幅続落、スペイン子会社の不適切会計で累計308億円の損失と発表

OKI<6703>が大幅続落。11日にスペインの連結子会社における不適切な会計処理についての調査結果を報告しており、2012年4〜6月期までの6年3カ月間で累計純損益が308億円の損失になり、純資産が244億円目減りすることがわかったと発表したことを嫌気。当初は、純利益への影響は80億円程度とみられていたが、付加価値税の費用計上やユーロの円高換算影響に加えて、今回の調査で明らかになった未払いリベートなどの債務があり膨らんだとしている。 OKIの株価は9時38分現在89円(▼11円)。