日配飼、協同飼などがしっかり、10〜12月の配合飼料価格4年ぶり高値観測で

日本配合飼料<2056>、協同飼料<2052>などがしっかりの展開。12日付の日本経済新聞が「配合飼料の10〜12月の販売価格が4年ぶりの高値になる見通し」との観測を報じたことから、配合飼料大手両社の収益に好影響を期待した向きの買いが入ったようだ。配合飼料の主原料であるトウモロコシや大豆の国際価格が米国の干ばつの影響で高騰していることから、10〜12月の配合飼料価格が7〜9月期比で1割弱、値上がりする見通しと記事は伝えている。 日配飼の株価は14時5分現在108円(△1円)。 協同飼の株価は14時5分現在94円(△3円)。