オハラが急反落、今10月期業績を増益予想から一転減益予想に修正

オハラ<5218>が急反落。13日引け後に第3四半期(11〜7月)決算を発表するとともに、今10月期の業績見通しを連結経常利益で従来予想の21億円(前期比29.3%増)の増益予想から一転、16億円(同1.5%減)の減益予想へと下方修正したことを嫌気。デジタルカメラ向け光学レンズは一眼レフタイプや交換レンズ向けが好調なものの、HDD用ガラス基板材の需要が大幅に減少していることに加えて、レアアース原料の価格高騰が響き減額修正したとしている。 オハラの株価は9時28分現在648円(▼77円)。