セコムが3日ぶり反発、東電からデータセンター事業を買収報道で

セコム<9735>が3日ぶり反発。株価は前日比90円高の4065円まで買われている。18日付の日本経済新聞が「東京電力からデータセンター事業を買収する方針を固めた」と報じたことから、セコムのデータセンター事業の拡大に期待した向きの買いが入っている。買収するのは東電子会社の「アット東京」で買収額は500億円前後。国内最大級の施設を保有するなど、東京都内に総床面積14万平方メートルの複数のデータセンターを運営し、年間売上高は約250億円で、東電グループが株式の8割を保有しているという。この買収によりセコムのデータセンター事業の売上高は単純合計で現在の約10倍の300億円となり、機器の販売を含まないセンターの運営だけで、富士通、KDDIといった国内大手に並ぶ可能性があると記事は伝えている。 セコムの株価は12時33分現在4035円(△60円)。