エスケーエレクが急反落、今9月期見通しを15億円の経常赤字に転落

ジャスダック上場のエスケーエレクトロニクス<6677>が急反落。19日引け後に今9月期の業績見通しを連結経常損益で従来予想1億円の黒字見通しから、15億円の赤字(前期4億9800万円)に下方修正したことを嫌気。第4四半期に相当枚数の第10世代用フォトマスクの受注を見込んでいたが、大型液晶テレビ市場の回復の遅れから想定の売上高、利益ともに想定数値に届かなかったと。またこれに伴い、期末に予想していた配当1000円(期末一括、前期は記念配300円を含め1300円)を見送るとしており、これも株価にネガティブ材料視されている。 エスケーエレクの株価は9時43分現在1万9380円(▼2090円)。