ファナックは後場下げ幅拡大、中国PMIの悪化で警戒感

ファナック<6954>が後場に入り下げ幅を拡大。朝方は一時、前日終値と変わらずの1万3990円を付けた。ただ、HSBCが発表した9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は47.8と景気判断の分かれ目となる50を11カ月連続で下回った。これに伴う中国経済の減速警戒感から、株価は後場に一時、前日比310円安の1万3680円まで売られた。 13時55分現在の株価は1万3700円(▼290円)。