中国関連に売りかさむ、景気減速を警戒

日産自動車<7201>、サンリオ<8136>が後場に入って下げ幅を広げたほか、イオン<8267>がマイナスに転じ、ファーストリテイリング<9983>が上げ幅を縮小するなど、中国関連銘柄に売りがかさんでいる。9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が景気判断の分かれ目となる50を11カ月連続で下回ったことで、中国経済減速の影響が警戒されており、新日鉄、ツガミをはじめ鉄鋼や機械株も水準を切り下げた。、 日産自動車の株価は15時現在702円(▼25円)。 サンリオは2829円(▼102円)。 イオンは883円(△▼0円)。 ファーストリテイリングは1万8060円(△10円)。