メディキットが値飛ばす、バルーンカテーテルの国内治験第一症例着手

ジャスダック上場のメデキット<7749>が値を飛ばした。アンジェスMG<4563>との共同開発中のNF―ΚBデコイオリゴ塗布型PTAバルーンカテーテルに関して20日に最初の症例が組み入れられ(ファースト・ペイシェント・イン)症例エントリーが開始されたことを発表した。人工透析の透析シャントや動脈硬化症などの末梢血管内治療法で使用される現在のPTAバルーンカテーテルは再狭窄率が高く、医療現場においては再狭窄予防が期待できるPTAバルーンカテーテルの開発が強く望まれている。 メディキットの株価は11時15分現在2600円(△850円)。